トップへ

ゼオライト株式会社

SDGsへの取り組み

ゼオライトの環境・社会貢献

水処理プラントのメンテナンス

ゼオライトが創るのは
水と未来、より良い未来への社会貢献

弊社の経営理念である『良い水創り 人財創り』はSDGsの達成と目的を同じくするものであり持続可能な発展に​向け、社員一人ひとりが以下の取り組みを通じてSDGsの達成に貢献していきます

SDGsとは

「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。2030年までに達成すべき17の目標を定義しています。
詳しくはこちら(外務省ホームページ)をご覧ください。

ゼオライトの重点目標と取り組み

安全な水で暮らしに貢献

地下水によるライフライン確保

  • 逆浸透膜を使った高度な膜ろ過処理により安全な飲料水をつくり出します。
  • BCP対策として、災害時における給水ライフラインを確保します。
    給水ライフラインを確保し事業継続性を高めます。
    給水ライフラインを確保し病院機能を維持、地域医療を守ります。
    上水道が断水した際、周辺地域住民の方への非常用水としても利用可能です。

飲料水の提供による社会貢献

  • 放課後児童クラブへウォーターサーバー・ボトルウォーターを無料提供しています。(リックス株式会社と協働)
地下水によるライフライン確保

リサイクル・リユースを促進し
地球環境にやさしい事業

  • 雨水や排水を処理し中水として活用するなど、水資源の有効利用に努めています。​
  • 環境省のWater Projectへ参画。水のリサイクルで、地球環境に貢献します。
  • 使用材料を管理、リユースし廃棄物の発生を抑制。
  • ボトルウォーターはリターナブルボトルを採用。
  • 水道直結型浄水器の販売普及に注力し、廃プラスチックの削減、輸送時のCO2排出削減に努めています。
リサイクル・リユースを促進し地球環境にやさしい事業

人財育成で技術の継承

  • より良い水を創造するための技術と、それを支える人財(ひと)の育成に全力で取り組んでいます。
  • コーチング型朝礼や人材育成研修、社内勉強会も積極的に実施し人間力と技術力を兼ね備えた​社員を育成します。​
  • 社員とその家族の物心両面の幸せと働きがいのある職場作りを目指します。
人財育成で技術の継承

ゼオライト株式会社

フリーダイヤル0120-41-3213 受付時間 平日(月~金) 9:00~18:00