トップへ

ゼオライト株式会社

事例インタビュー

ホテル日航福岡

ホテル日航福岡

ホテル日航福岡

管理部長

郡谷 直樹 様

水のリサイクルで環境負荷の少ない経営を実現

福岡を代表する国際級都市型ホテルとして新たなホテル文化を提案し続けるホテル日航福岡様。当社の排水再利用システムを導入頂いた経緯や環境への取組みについてお伺いしました。

ホテル概要・沿革についてお聞かせください

当ホテルは、国際都市福岡のシンボルとなる国際一級ホテルとして、平成元年に開業いたしました。開業以来、福岡のリーディングホテルとして、高品位の施設、サービス、料理を追求し続けて今日に至っております。おかげさまで、世界各国の賓客の方々をはじめ、多くの皆様にご利用いただいております。

当社プラント導入の経緯をお聞かせください

ゼオライトより提案を受け、平成26年に導入しました。排水再利用には従来より取り組んでいましたが、既存装置のリニューアルをかねて導入が決定しました。設置スペースも非常にコンパクトに収まり、大変満足しております。

御社の環境への取組みについてお伺いします

水に関することで言えば、風呂・シャワーから出る排水を回収し、排水再利用装置にて最大1日あたり60㎥を安全な水に処理。トイレ用水として再利用しています。当ホテルは 客室総数360室を有する大型施設であるため、環境へ与える影響も決して少なくはありません。環境負荷の少ない経営を行うことで、持続可能な社会の実現に向けて努めています。

今後の環境への取組みや展望をお聞かせください

食品ロス・プラスチック使用量の削減、エネルギー使用量の削減などの取組みについても、今以上に強化してまいります。社会的責任を果たしながら地域・社会に貢献して、ご利用いただくお客様に最高のサービスが提供 できるよう、時代にマッチしたサステナブルなホテル経営を目指してまいります。

※所属・役職等は掲載当時(2022年)のものです。原稿はZEOLiTE TIMES VOL.05より抜粋したものです

ホテル日航福岡

https://www.hotelnikko-fukuoka.com/

ゼオライト株式会社

フリーダイヤル0120-41-3213 受付時間 平日(月~金) 9:00~18:00