ゼオライト株式会社

サービス案内

逆浸透膜(RO膜)について

RO ( Reverse Osmosis )逆浸透膜・UF膜とは?

逆浸透膜について

逆浸透膜とは?

逆浸透膜(RO膜)は、将来の水不足解消のために本格的な研究がなされ、現在のように実用化されたろ過膜のひとつです。
網目が1千万分の1ミリと超微細であるため、細菌ウイルス類は100%、塩分や農薬ヒ素、ダイオキシンなどの有害物質も95%以上除去されるので、高純度で安全な水を作ることが可能です。
地球上の水の97.5%は海水、淡水はわずか2.5%しかありません。その淡水の中で、人が使える水はわずか0.01%。人口増加が叫ばれる今、水不足は非常に重要な課題です。
そうした時代背景の中、逆浸透膜は非常に高い注目を浴びており、その中でも日本の逆浸透膜の評価は高く、国別シェアにおいて世界トップシェアを誇ると言われています。
ゼオライトは半世紀に渡り水処理技術の研究を重ね、逆浸透膜の水処理プラントでは日本一の実績を残すことができました。これからもこの水処理プラント事業を通して、日本、そして世界の水問題解決に取り組んで参ります。

逆浸透膜とは?

東レ製の膜を採用

当社は、世界トップレベルの膜技術を有する東レ製の膜を採用しています。
東レは1967年に、酢酸セルロースをはじめとするスパイラル型の逆浸透膜(RO膜)の製造を開始しました。現在ISO9001認定に基づいて製造した最先端の架橋ポリアミド系複合膜を数多く取り揃えています。

東レ製の膜を採用

サービス

ゼオライト株式会社

フリーダイヤル0120-41-3213 受付時間 平日(月~金) 9:00~18:00
ゼオライト採用サイト